家出空間 月読寺 iedecafe イエデカフェ

menu >> 家出空間 / 月読寺 ・・・・・・・ / contact



煩悩リセットをすべくしてインテンシブに、集中力と自己観察力と平常心をはぐくむお稽古に、取り組みましょう。 下記情報にお目通しいただいたうえで「いざお稽古ッ」という気概を持たれたかたは、注意書を必ずご一読のうえ、応募要項の必要事項を記入した書類を、ご郵送下さいませ。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
menu : みちしるべ / お稽古の時間割 / 注意書 /
精進料理 / 応募要項

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

:::みちしるべ:::
  • 日程:2017年4月28日(金)~5月8日(月)
  • 場所:「島の月読寺
  • 指導:小池龍之介
  • 集合時間:初日12:00までに集合
    11:20発の船に乗る必要あり)
  • 解散時間:最終日の15:00
  • 定員:15名。
  • 費:任意金額をお布施(封筒に入れる)
  • 応募締切:3月28日(火)必着(それ以前に参加者全員が決定した場合、早く締め切る場合もあり得ます。)
  • 途中参加、途中退場:基本的に不可。
  • 食器:ごはん茶碗、みそ汁椀、おかずのお椀、飲みものカップ、お箸&箸置き、スプーン、布巾(食器拭き)をご持参下さい。
  • 就寝時の布団はあるものをお貸しできますが、上下布団のシーツのみ、ご持参下さい。
  • 携帯電話は、初日に電源を切って提出していただきます。合宿期間中は、外部と連絡が取れませんので、その心づもりでいて下さい。
  • 書籍、音楽プレイヤー、タブレットPCなど情報に接するものは控えていただきます。持ってこられた場合は、携帯電話同様、終了日まで預かることになりますのでご承知おき下さいませ。


:::注意書(必ずご一読下さい):::

ここで指導される瞑想法は、ある程度心身が健やかな状態で心を鍛えてゆくべく取り組んでいただくことを、前提としております。

瞑想により意識が鋭敏になることにより、これまでは自覚せずに抑圧してきた様々な、心や体の苦痛が、あらわれてくることがあります。

その際に、心が健全でない場合は敏感になりすぎて、浮かび上がってくる身体的苦痛や心理的な傷にたいして冷静でいられず、それらに呑み込まれて問題がひどく悪化する、ということが起こりえますので、危険です。

したがって、うつ病や統合失調症、パニック障害などの、医学的に病名のつく精神疾患を患っている場合、取り組まれるのを控えて下さい。

とりわけ、精神に作用する薬(精神安定剤や抗鬱剤、睡眠薬)を服用して通院中のかたは、薬で抑えている症状がこの瞑想法により顕在化して症状が悪化する可能性がありますので、ご参加はお控えいただきます。

また、現在は治っていても、過去に上記のような疾患を持っていたことのある場合も、慎重に判断するようにされて下さい。

:::お稽古の時間割:::
  • 5:00:起床
  • 5:30-7:30:瞑想の時間
  • 7:30-8:30:掃除作務
  • 8:30-9:00: 軽い朝食
  • 9:00-12:00:瞑想の時間
  • 12:00-13:30:昼食、後片付け
  • 13:30-17:00:瞑想の時間
  • 17:00-20:00:入浴、自習
  • 20:00-21:00:瞑想の時間
  • 21:30:就寝



:::精進料理:::

とくに一週間以上にわたり開催される合宿形式のお稽古では、朝・昼と、一日に二度の食事を精進料理によって過ごします。夕食は、「抜く」こととなりますから、毎日、昼以降、次の朝までは半日断食といった風合いとなります。

「薬」を取るような心持ちによって、坐禅をおこなうのに最適な心身のバランスを整えられるような食事を、と心がけてレシピを定めています。

- - - - - - - - - - - - - - - -

参禅者の中で自発的に手伝ってくださるかたを対象に、基本的な調理法や食材の扱い方などを手ほどきしながら調理をいたします。

切り方から調理法にいたるまで、ちょっとした精進料理教室のような様相を呈するのが、口数は少ないながらも楽しい時間であります。

調理補助を積極的に希望されるかたは、あらかじめご連絡をいただけますと幸いです。




:::応募要項:::

(1)+(2)をご同封のうえ、下記住所までご郵送下さいませ。
--->>-----
〒248-0024
神奈川県鎌倉市稲村ガ崎2-10-27
山の月読寺
「イエデ式リトリート」係
------------
応募要項の送り先は山の月読寺[鎌倉]ですが、開催場所は島の月読寺[周防大島町 前島]ですので、お間違えのないようご注意下さい。
応募締切の日から数日を目安に、参加可否が返信される予定です。 なお、参加の可否を早くお知りになりたいかたは、その旨を(電話連絡を希望されるかたは、電話がつながりやすい時間帯も)書いておかれるか、普段の坐禅セッションのときにでも、直接お寺に来られて仰って下さい。

(1)下記の項目すべてにご回答いただいた書類
(2)参加の可否やお知らせを入れて送るための、返信先宛先・宛名が予め記され82円切手の貼られた、返信用封筒

:::以下、記入項目:::

●名前

●年齢

●住所

●職業

●電話番号

●家族等の緊急連絡先電話番号

●現在、心身は健全ですか。
(仮に治っていても、心身治療歴が有る場合、具体的に記して下さい。)

●坐禅セッションへ参加したことはありますか。
(その場合、参加歴もお記し下さい。もちろん、初参加でも何ら問題はありません。)

●他の瞑想法を実践したことがありますか。
(その場合、その内容、実践歴もお記し下さい。)

●参加動機

>> back to top