家出空間[iede cucan]

家出空間 月読寺 iedecafe イエデカフェ

menu >> 家出書店 / iede cucan / 月読寺・・・・・・・ / contact





すぐ変わるし 勝手に変わるし どれも頼るに 価しないから なーんにも この手に残らない、 それが元気の 源ですよ。

僧侶エッセイ

仏道式イエデ4コマ、第706回目「え、インド、ですか?」を、お届け致します。




 いやはや、どういう巡り合わせか、初めてのインドに出かけてまいります。十二月の前半は、インドでブッダの足跡をたどりながら坐禅瞑想をして回っていますのでその間、坐禅セッションはお休みになり、音信も不通になりますよ。

 書籍の企画で、インド中の仏跡を巡礼して現地で坐禅しつつ、そこで説かれたブッダの言葉を読みとく、という、なかなか魅力的な瞑想紀行です。

 版元は、主に教科書を作っている、良い意味で堅い会社なので、久々に、本格的に深く切り込んだ内容に仕上げても許容してもらえるでしょう、と、私も楽しみにしております。

 ブッダが修行に励んだ地、解脱に到った地、最後に入滅した地、などなど。エネルギーを汲み取るとともに、インド的カオスを、お土産として持ち帰ってまいりましょう。

 いえ、結局はニッポンにいようとインドにいようと、「今、ここ」なだけで、なーんも変わらないには、違いありません。


 

仏道式イエデ4コマをまとめた本の二冊目が発売されましたよ。タイトルを、『もやもやスッキリ絵巻』として、最近の約百回分を収録しております。前作よりも、4コマの絵がよく映えるよう、コマを大きくデザインしてもらいました。どうか愉快にほほえみながら、眺めたってくださいな。

一冊目は、『煩悩リセット稽古帖』として出版されております。

最近の4コマをエッセイ付きでお読みになるには、「仏道式イエデ4コマ」頁からご覧ください。


イエデ瓦版


:::一行箋:::



:::住職による新刊紹介::: new

最新刊の『おじさん仏教』の後半、八正道のパートは、坐禅セッションの生徒さんにとっては実践の副読本として、役立つと思います。特に、「正見」・「正念」の部分は新たな切り口から、必要なことをコンパクト必要最低限につめこんでありますので、腑に落ちるまで熟読することをお勧めいたしましょう。


--
「おじさん」が仏道実践の反面教師のようになって、己の苦しみを減らす道「八正道」が説かれており、「おじさん」のみならず、万人に役に立つ内容と思われます。住職が最近、 説法寺子屋でおっしゃっている事柄も分かりやすく記されています。(執務室:e)


:::出張講座:::

 

仏道の教え・考え方を人生やビジネスに活かす new
:12/14(水)
:19:00〜
常翔学園 大阪センター

座禅と瞑想の会@なごや
:12/18(日)
:14:30〜(開場受付は14:00〜)
:愛知県名古屋市南区呼続一丁目10-23

心のおおそうじ
 今に生きる 瞑想のワークショップ

:12/21(水)
:18:30-20:30
:朝日カルチャーセンター【新宿】

瞑想ワークショップ@新宿 10月〜12月
:10/23(日)&11/27(日)&12/25(日)
:14:30-16:30
:朝日カルチャーセンター【新宿】

瞑想ワークショップ@福岡 11月〜3月
:11/3(木祝)&1/8(日)&3/5(日)
:14:00-16:30
:朝日カルチャーセンター【福岡】



:::月読寺子屋:::

9月のreal寺子屋の問答を、1件更新いたしました。


:::説法ダウンロード:::

月読寺 zazen sessionでの説法を、ダウンロードしてお聴きいただけます。

■10/22:
>>「本当のことはこの現象世界にはありません。
>>「無常は無常だし無我は無我。」(短編)
■10/15:「10月15日の法話ですよ。
■10/10:「東京の夜空は、仮のものだよ。

これより前の説法はこちら


:::連載のお知らせ:::


1.「マインドフルネスな日々
  (WEBサイト「幻冬舎plus」にて連載。
毎月ほぼ2回、3日&18日更新)  

2.「思いこみの突破法」
  (小学館「本の窓」にて、月刊連載。
「本の窓」は、本屋さんにてtake freeです。)

3.「自然におまかせのリズム」
  (清流出版「清流」)

4.「人生相談 明日へのヒント」
  (産経新聞にて、およそ月刊連載。)

5.「つながりの引き算
  (毎日新聞にて、毎月第2日曜日に連載。)

6.「「空(くう)」を用いる。」
  (PHP研究所「衆知」)

その他の連載情報については、イエデ書店にてご覧いただけます。


:::執務室の絵日記:::

執務室員による絵日記が、「執務室の絵日記」の頁でご覧いただけます。